2014年09月08日

蚊に効く!アロマクリーム

蚊よけクリーム.jpg

すっごく効きます。

森の中のキャンプにて、足元と上腕に塗ったところ、虫さされゼロ。
虫よけシールを数か所貼っただけの主人は、刺されまくりでした。
ふふふ。

少し前までは蚊には”シトロネラ”でしたが、アロマ界のパラダイム
シフトなのか、今は”ユーカリレモン”。

なるほど、確かにユーカリレモンの方が効きますー!

ゼラニウムなど花系のアロマは蚊には効いても他の虫がよってきたり
するので、ご注意下さいね〜。

【蚊・虫よけクリーム】

■ 親水クリーム:20g
■ グリセリン:20滴
■ ユーカリレモン:6滴

なぜスプレーではなく、クリームなのか?
アルコールのスプレーはすぐに揮発してしまいますが、クリームは
成分がより長く表皮にとどまるので効きめが長持ち。
そしてアルコールよりも肌にやさしく、赤ちゃんがなめても安心!

レモンのようなちょっぴり薬のような、でも爽やかで良い香りです。



→ ご連絡・ご質問はお気軽に♪


posted by アロマ@hana at 19:39 | ママとキッズのアロマ | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

はじめての手作り石鹸

手作り石けん用意.jpg

本格的な石鹸作りは初めてです。
うちのキッチンにあるボウルと泡だて器を見ても何とも思いませんが、
石鹸講習のデスクの上のそれらはもう、見ただけでワクワク(変態?)

手作り石けんトレース.jpg

計って計って混ぜる混ぜる。
こーんなカスタードのような感じになればOKだそうです。
今回のマルセイユ石鹸には、ラベンダーとティーツリーの精油をプラス。

手作り石けん流し込み.jpg

型に流し込んで1日放置。そして箱から出して再び約1か月乾燥させる
ために放置します。窓辺に寝かせた石鹸からはほんのりとラベンダーの
香りがただよって癒される〜!、、、と言いたいところですが、1か月間、
癒されるどころか存在が気になりすぎて、具合が悪くなりそうです。



→ ご連絡・ご質問はお気軽に♪


posted by アロマ@hana at 00:45 | 手作りアロマクラフト | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

クリームのベストオブ基材

親水クリーム

ちょっと固めのホイップのような日本薬局方の親水軟膏
メディカル処方のクリームや乳液などに使用する、基材です。

皮膚科等で処方されるクリームベースそのもので、
色気も可愛げもありませんが、これがすっごくいい!のです。

■安い
■原料がシンプルで安全
■親水性のため水で落ちる
■衛生的でかなり長持ち ※開封後常温で5年くらい
■特別な匂いがない
■肌なじみよく保湿力が高い
■精油と混ざりやすい

つまり、肌にやさしく使いやすく、コストパフォーマンス良し!

赤ちゃんやアトピーっ子の保湿、ママのスキンケア、ワンちゃんの
パッドクリーム、または薄めて乳液や化粧水にしたりと、とにかく
”便利で使える”アロマコスメにぴったりのおすすめ基材です。



→ ご連絡・ご質問はお気軽に♪


posted by アロマ@hana at 17:02 | 手作りアロマクラフト | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

ジャスミンなお茶会

アロマテラピー

アレとこれのブレンドがいい、こんな使い方がいいと、精油を出したり、
しまったり、気づけばデスクは、惨状に・・・。

ジャスミン好きな介護職の方とアロマトークに花が咲きました。

介護の場ではアロマのハンドトリートメントがとても喜ばれるとか。

鮮やかなお洋服がお似合いで、エネルギーに満ち溢れている彼女は、
介護の仕事に疲れたり、人間関係でへこんだりすると、ジャスミンを
寝る前に焚くのだそうです。

”これがないと生きていけないのよ〜!”

と、うっとりしながら言っていましたが、ジャスミンのとりこになる方は
少なくありません。ジャスミン好きな方は、他の精油に浮気をせずに
ずーっと一途にジャスミンが好き。独特の陶酔感にはまるそうです。



→ ご連絡・ご質問はお気軽に♪
posted by アロマ@hana at 23:06 | アロマのイベント | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

癒しのアロマとメディカルアロマ

JG054_72A.jpg

癒しのアロマとメディカルアロマ。
その違いのひとつに、香りへの考え方があります。

たとえば、オレンジの精油を使ったアロマテラピーでは、

癒し目的なら、雑貨屋さんで手に入れたオレンジの精油で芳香浴。
寝る前にオレンジの香りを嗅いだら、明日も元気に頑張れそう!
明るい気分でグッスリです。

メディカル目的ならアロマ専門店のメディカルグレードの精油を
モバイルアロマで携帯する。予兆が来そうになったらスイッチオン!
これでパニックが治まる方も多いです。(その話はまたのちほど)

嫌いな人はまずいないオレンジの例でしたが、基本的にはメディカル
アロマの領域では香りは二の次、効きめ第一です。

一方、癒しのアロマは香り最優先。
好きな香り=心地よいと感じるものでなければ癒されない、と、よく
言われているとおり、ごもっとも!でもですね、、、

メディカルアロマでよく使われるバジルやセロリ、ゼラニウムなどは、
香りの好みがかなり分かれますが、たとえ苦手な香りであっても、

「あ、これ効いてる!」と思った瞬間、イヤじゃない香りになるのです。
そしていつの間にか落ち着く香り、好きな香りになっているという。

そうなればもちろん効果もアップするはず!香りのプラシーボとでも
言うのでしょうか、人のこころって不思議ですね〜。



→ ご連絡・ご質問はお気軽に♪

posted by アロマ@hana at 00:56 | アロマの基礎知識 | 更新情報をチェックする
ぴったりアロマ診断CHECK



あなたのこころ・お肌・カラダに合う精油がわかります
アロマでのメンタルケア、スキンケア、ボディケアなどお気軽にご相談下さい
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。