2007年09月13日

アロマオイルの使い方〜湿布法〜


アロマ湿布でケアする(湿布法)

アロマオイル(精油)とタオルでトラブルをケアします。
あたためたり、冷やしたりしたタオルをカラダや顔に当てる
だけの手軽な方法。洗面器に熱湯を用意してアロマオイル
を3滴以下を落とし、そこにタオルをひたして絞ります。

目の疲れや肩こり、腰痛や生理痛などに効果的。温湿布と
冷湿布を使い分け、目的に合ったアロマオイルでケアを。

※めやすは10分程度です、やけどにはご注意下さい。

アロマオイル

→アロマの口コミ人気ランキング

温湿布 慢性のトラブル(肩こりなど)
熱湯にアロマオイルを落とし、タオルをひたしてしぼり
ます。肩こり・便秘・花粉症の目のかゆみ・生理痛などに。

冷湿布 急性のトラブル(打ち身など)
冷水にアロマオイルを落とし、タオルをひたしてしぼり
ます。疲れ目・頭痛・筋肉痛・打ち身・日焼け・虫さされに。


アロマ
posted by アロマ@hana at 03:37 | Comment(0) | アロマオイル使い方 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ぴったりアロマ診断CHECK



あなたのこころ・お肌・カラダに合う精油がわかります
アロマでのメンタルケア、スキンケア、ボディケアなどお気軽にご相談下さい
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。